2019.02.28 01:55 | EDIT
こんにちは! 12月定例会担当のひろしです。今回の定例会では、【統一統一シングル】を行いました!


<ルール>

・パーティの6体をなんらかのコンセプトで統一して戦うシングルバトルです。
・基本的なルール・使用可能ポケモンはシングルレート準拠のものとしました。


<開催にあたって>

これまでの定例会や各地の大会では、シンプルに強さを競うレート準拠ルールの他に何か縛りを加えたもの(タイプ統一・世代統一など)が多く行われてきました。そうしたものは非常に盛り上がり、楽しいです。しかしながら、ウルトラサン・ムーンが発売されて1年以上が経過し、新しいルールを考えても誰かが既にやっているという状況であり、それを使いまわすことは好ましくないと考えました。また、12月定例会の後にはクリスマス会も控えていることもあって、スペシャル感があり且つ斬新なものはないかと考えた末に、「全てくっつけてしまおう」という結論に至ることとなりました。


<予選>

参加者23名を6人グループ3つと5人グループ1つに分けて総当たり戦を行ってもらい、各グループ上位2名が決勝トーナメントに進出するという形で行いました。


<決勝>

予選・決勝トーナメントを勝ち抜いて決勝戦に進出したのが、1年のnap君(TNヒヌタ)と2年のホラノート君です!

2018:12_01



2人のパーティです!

2018:12_02


nap君は色違いが黒色のポケモンで揃えた黒統一パーティ「オールブラックス」
対するホラノート君のパーティはポッ拳統一パーティ「ポッ挙(サポート有り)」で対戦が行われました。


・nap 「オールブラックス」
 メガリザードンX / メガサーナイト / ギルガルド / カプ・テテフ / ゲッコウガ / ミミッキュ
メガリザードンX色メガサーナイト色

    ギルガルド色     カプ・テテフ色

   ゲッコウガ色  ミミッキュ色


nap君は個々の性能が高く、先制技を使いつつ目の前のポケモンを1体以上倒すことのできるギルガルド・ミミッキュ・ゲッコウガといったポケモンとメガシンカポケモンの組み合わせで柔軟に選出することの出来る所謂対面構築といわれるパーティを使用しています。行動保証のあるミミッキュ+残りの非メガポケモン+メガシンカポケモンといったパワーのある選出をすることで多くの構築を相手にすることが出来ます。また、もともとカバルドンを入れていましたが、色違い+黒色というコンセプトのためにサーナイトを代わりに入れることにしたそうです。これによってカプ・コケコやボルトロスといったポケモンに不利を取ってしまいますが、リザードンをXにすることで電気の一貫を切るという工夫がなされています。よく練られたパーティですね。



・ホラノート 「ポッ挙(サポート有り)」
メガルカリオ / メガゲンガー / エーフィ / イーブイ / ラティオス / エルフーン

  メガルカリオ  メガゲンガー

   エーフィ   イーブイ

  ラティオス エルフーン


ホラノート君のパーティはイーブイZで能力を上げつつ「バトンタッチ」をすることで、裏のエースポケモンであるエーフィ・ルカリオ・ラティオスで相手のポケモンを倒していくイーブイバトンと呼ばれる構築のように見えます。イーブイ自体も「アシストパワー」や「でんこうせっか」といった技を持っていることがあるため攻撃に参加するという勝ちルートを考えることも出来ます。こうしたパーティを対策するために「のろい」や「ちょうはつ」といった補助技を忍ばせる構築が多く見受けられますが、今回はコンセプトで統一する、という使えるポケモンが限られるルールだったために比較的成功しやすかったのではないでしょうか。その他にも特性いたずらごころを生かして「バトンタッチ」の補助をするエルフーンや、「ほろびのうた」や「みちづれ」で相手のポケモンを1体以上倒すことのできるゲンガーも採用されたバランスの良いパーティになっています。



以下決勝戦のまとめです。

nap君の先発はゲッコウガ、ホラノート君の先発はゲンガーでバトルが始まりました。

2018:12_03


ホラノート君のゲンガーがメガシンカし、「まもる」を選択します。
nap君はミズZを使いますが、守っているため上手く透かされてしまいます。

2018:12_04


2ターン目ゲッコウガが上から「ねっとう」を打ちます。
ここでメガゲンガーが「トリックルーム」を選択。イーブイのバトン展開を補助します。

2018:12_05


3ターン目になりメガゲンガーは「だいばくはつ」して自主退場。nap君は「みがわり」を選択します。

4ターン目、イーブイとゲッコウガが対面します。
ここでnap君はギルガルドに交代。ホラノート君はイーブイZを選択し、「バトンタッチ」の起点を作ります。

2018:12_06
2018:12_07


5ターン目、トリックルーム下で先に行動したギルガルドの「せいなるつるぎ」でイーブイを突破します。「せいなるつるぎ」は相手の能力変化に関わらずダメージを与えることが出来る技です。

6ターン目、ギルガルドとホラノート君のラスト1体エーフィ対面。ギルガルドのいのちのたま「シャドークロー」によってエーフィを突破します。

2018:12_08


よってnap君の勝利となりました。優勝はnap君です!

ネーミングセンスとメガリザードンXの色違いが黒色かどうかは諸説ありますが、優勝おめでとうございます!



<幹事賞>

今回は単に強さを競うだけではなく、面白い・機知に富んだパーティを定例会幹事の僕ひろしが独断と偏見のもと選んで、景品を授与するという企画も同時に行いました。
 
今回最も心をつかんだパーティは4年のトモタカ君が考えた、「120番道路統一」です!
 
  アブソル    マッスグマ

  アメモース   マリルリ

  カクレオン トロピウス
 
 
・このパーティは3世代の120番道路に出現するポケモンだけで組んだものです。発想の斬新さ、そしてオシャレさに心を打たれました。また、僕が初めて触れたポケモンのゲームがエメラルドだったことから、少年だったあの頃を思い出してノスタルジーを感じたことが要因です。一目でこれにすると決めました!

トモタカ君にはガルーラのぬいぐるみとつぶグミが進呈されました。



以下優秀賞です。(つぶグミを進呈)


「ポッ挙(サポート有り)」 2年 ホラノート君
ルカリオ / ゲンガー / イーブイ / エーフィ / ラティオス / エルフーン

・決勝にも進出したホラノート君のパーティです。定例会が開催されたのがスマブラの新作の発売直後であったため、スマブラ統一はある程度予想できましたが、ここに来てポッ拳です。愛を感じました。「拳」が「挙」なところも逆にポイントが高いです。



「アローラ(気さくなあいさつ)」 2年 ウーパ君 
キュウコン / サンドパン / ゴローニャ / ガラガラ / ナッシー / ペルシアン
(全てアローラのすがた)

・クスッときました。



他にも皆さん色んなパーティを用意して参加してくれました!
一部を紹介します!

「擬態」
メタモン / ウソッキー / カクレオン / マルマイン / モロバレル / ミミッキュ

「セントラルリーグ統一」
ギャラドス / オオスバメ / ホルード / スターミー / ラティオス / ライコウ

「†母性†」
ガルーラ / ママンボウ / ハハコモリ / ニドクイン / ラッキー / ガラガラ(アローラ)

「スマブラ統一」(2人)
リザードン / ルカリオ / ピカチュウ / ゲッコウガ / ガオガエン / プリン

「実況者の相棒統一」
アグノム / ボーマンダ / マッシブ―ン / ランターン / ナットレイ / シルヴァディ



<最後に>

定例会に参加してくださった皆さんありがとうございました。今回はコンセプト・構築を一から考えてもらい6体育成してもらうという骨の折れる企画だったのかもしれませんが、皆さんそれぞれが趣向を凝らして準備してくれたので、幹事としても非常に楽しいものとなりました。レート対戦では凡そ100体前後の限られたポケモンの中からパーティを組むという事がほとんどであるために代わり映えのしない光景に飽きてしまった人でも今回は新鮮な気持ちで参加して頂けたのではないでしょうか。

12月定例会の報告は以上で終わりです。
ここまで読んでくださりありがとうございました!


1年 ひろし

☆「わせポケ」ブログ

ポケモンだいすきクラブ早稲田支部の公式ブログです。
ホームページ:
http://pokemonwaseda.web.fc2.com/
ツイッター:@wasepoke

☆検索フォーム