2019.02.28 14:27 | EDIT
こんにちは、2月定例会幹事のシャチです。今回はカード大会を行いました。

<ルール>
ルールはスタンダードレギュレーション(SM1~SM9b)の1試合制限時間25分で行いました。時間切れした場合、現在行っている人のターンを0ターン目として、追加で3ターンを行います。決着がつかなかった場合はサイドの残り枚数が少ない選手の勝ち、同じ場合は両者負けとなります。

<予選>
参加者15名を3ブロックに分け総当たりを行いました。各グループの上位2名に加え、各グループの3位の中から2人が決勝トーナメントに進みます。

<決勝トーナメント>
勝ち残った8名を予選のグループが異なる者同士になるようにトーナメントを組み、勝ち抜き戦を行いました。
(例)Aグループの1位 VS Cグループの3位

<環境>
今回の定例会はフルメタルウォールの発売後に行われたため、TAG TEAMが猛威を振るうかと思いきやTAG TEAMはほぼ存在せず、非GXが目立ちました。
特に僕のグループは5人中3人がコケコカウンターという魔境。当然のように制限時間の25分をオーバーする試合が相次ぎました。ちなみに幹事の僕もコケコカウンターを使うプレミをしてしまいました。

~決勝トーナメント~
予選を勝ち抜いたのは以下の方々です(敬称略)
超ブロック
1位オイラー 2位シャチ 3位じゅんぺい
水ブロック
1位やまちゃん 2位アッキー 3位ひろし
闘ブロック
1位ひまり 2位nap

闘ブロック3位のしあたん君はじゃんけんによって惜しくも予選敗退となってしまいました。

~3位決定戦~ 
1年オイラー VS 2年ひまり
3位決定戦はバイト代で光り輝くデッキを使っていた1年のオイラー君とローテーションバトルを得意とする2年のひまり君の戦いとなりました。

<デッキ解説>

オイラー君のデッキはKBSやバルキーウィニーと呼ばれるコンボデッキ

KBS.png


エビワラー⇒サワムラー⇒カポエラーの順に攻撃することで大量のダメカンをばら撒くことができ、大量のサイドをまとめて取ることができます。

ひまり君のデッキはハピナスデッキ

happiness.png

カラマネロのサイコリチャージやダブル無色エネルギーでハピナスにエネルギーを集めて攻撃するデッキ。コイントス依存のため火力は不安定ですが、ビクティニによって期待値に対しての大幅な下振れをカバーできます。それに加え、非GXで1進化にも関わらずハピナスのHPが高く倒されにくい点もポイントです。

<試合展開>
序盤はオイラー君がドローサポートを引くことができず苦しい展開。
攻め切りたいひまり君でしたが、コインで裏が続きオイラー君のポケモンを倒すことができません。その間にドローサポートを引いたオイラー君が反撃開始。ひまり君のカラマネロをバトル場に縛ってベンチのポケモンを倒していきます。
しかし、序盤にお互いが動けなかったことや非GX同士の対戦とあって時間切れ。ルールに基づいて追加の3ターンを行った結果サイドが同数になってしまいました。特別ルールによってじゃんけんで勝敗を決定することになりました。
結果はオイラー君の勝利で3位決定戦は終結しました。

~決勝戦~
1年nap VS 3年じゅんぺい
決勝は自称ポケモン好きな陽キャ1年のnap君と就活中にも関わらず来てくれた3年のじゅんぺい君の戦いです。

<デッキ解説>
nap君のデッキはジラーチサンダーを基にしたデッキ

thunder.png


基本的な動きはジラーチで必要なカードを補充しつつ、サンダーで戦っていくデッキです。
それに加えて非GXのマッシブーン、ビクティニ、カプコケコGXなどのカードを入れることでほとんどのデッキに対応できるようになっています。

じゅんぺい君のデッキはペルルガカエンジシ

bloodyeye.png

CL新潟やシティリーグ秋葉原で結果を残したペルルガにカエンジシを加えたデッキ。
アローラニャース、アローラペルシアンがエネルギー無しで技を使うことができるためイワンコにエネルギーを貼りつつ攻撃できる点が強みのデッキ。また、ルガルガンGXが闘タイプのため流行りのピカチュウ&ゼクロムの弱点をつけることができる環境メタのデッキです。しかし、メルメタル&ルカリオやフェローチェ&マッシブーンなどの高耐久のTAG TEAMには火力不足で攻め切ることができません。そこで上のTAG TEAMの弱点をつけるカエンジシを入れることで幅広く対応することができるようになります。

<試合展開>
12match1.png

先攻は1年のnap君でしたが、じゅんぺい君のバトル場は後攻1ターン目にのみエネルギー無しで70ダメージをだせるアローラニャースからスタートする展開になります。
後攻1ターン目でジラーチを倒されたnap君はサンダーの攻撃でサイドを取り返していきます。しかし、序盤にジラーチを失いドローサポートを引けなかったため、リソースが切れて後続のポケモンが技を打てなくなってしまいます。一方のじゅんぺい君は技を打ち続けサイドをとっていきます。最後までサイド差が縮まることはなくじゅんぺい君が押し切って見事に優勝を決めました。

12match2.png

終わりに
カードの準備が難しいためルールは標準的なものでしたが、一般的なジムバトルとは異なりわせポケ特有の環境があったため、新鮮なバトルになりました。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

<トーナメント表>

12tournament.png


<KP>
コケコカウンター3
サーナイトGX2
ウルトラネクロズマ2
バルキーウィニー2
ペルルガカエンジシ1
ジラーチサンダー1
ハピナス1
ピカゼク1
サナニンフ1
カメックスGX1

1年 シャチ
2019.02.28 01:55 | EDIT
こんにちは! 12月定例会担当のひろしです。今回の定例会では、【統一統一シングル】を行いました!


<ルール>

・パーティの6体をなんらかのコンセプトで統一して戦うシングルバトルです。
・基本的なルール・使用可能ポケモンはシングルレート準拠のものとしました。


<開催にあたって>

これまでの定例会や各地の大会では、シンプルに強さを競うレート準拠ルールの他に何か縛りを加えたもの(タイプ統一・世代統一など)が多く行われてきました。そうしたものは非常に盛り上がり、楽しいです。しかしながら、ウルトラサン・ムーンが発売されて1年以上が経過し、新しいルールを考えても誰かが既にやっているという状況であり、それを使いまわすことは好ましくないと考えました。また、12月定例会の後にはクリスマス会も控えていることもあって、スペシャル感があり且つ斬新なものはないかと考えた末に、「全てくっつけてしまおう」という結論に至ることとなりました。


<予選>

参加者23名を6人グループ3つと5人グループ1つに分けて総当たり戦を行ってもらい、各グループ上位2名が決勝トーナメントに進出するという形で行いました。


<決勝>

予選・決勝トーナメントを勝ち抜いて決勝戦に進出したのが、1年のnap君(TNヒヌタ)と2年のホラノート君です!

2018:12_01



2人のパーティです!

2018:12_02


nap君は色違いが黒色のポケモンで揃えた黒統一パーティ「オールブラックス」
対するホラノート君のパーティはポッ拳統一パーティ「ポッ挙(サポート有り)」で対戦が行われました。


・nap 「オールブラックス」
 メガリザードンX / メガサーナイト / ギルガルド / カプ・テテフ / ゲッコウガ / ミミッキュ
メガリザードンX色メガサーナイト色

    ギルガルド色     カプ・テテフ色

   ゲッコウガ色  ミミッキュ色


nap君は個々の性能が高く、先制技を使いつつ目の前のポケモンを1体以上倒すことのできるギルガルド・ミミッキュ・ゲッコウガといったポケモンとメガシンカポケモンの組み合わせで柔軟に選出することの出来る所謂対面構築といわれるパーティを使用しています。行動保証のあるミミッキュ+残りの非メガポケモン+メガシンカポケモンといったパワーのある選出をすることで多くの構築を相手にすることが出来ます。また、もともとカバルドンを入れていましたが、色違い+黒色というコンセプトのためにサーナイトを代わりに入れることにしたそうです。これによってカプ・コケコやボルトロスといったポケモンに不利を取ってしまいますが、リザードンをXにすることで電気の一貫を切るという工夫がなされています。よく練られたパーティですね。



・ホラノート 「ポッ挙(サポート有り)」
メガルカリオ / メガゲンガー / エーフィ / イーブイ / ラティオス / エルフーン

  メガルカリオ  メガゲンガー

   エーフィ   イーブイ

  ラティオス エルフーン


ホラノート君のパーティはイーブイZで能力を上げつつ「バトンタッチ」をすることで、裏のエースポケモンであるエーフィ・ルカリオ・ラティオスで相手のポケモンを倒していくイーブイバトンと呼ばれる構築のように見えます。イーブイ自体も「アシストパワー」や「でんこうせっか」といった技を持っていることがあるため攻撃に参加するという勝ちルートを考えることも出来ます。こうしたパーティを対策するために「のろい」や「ちょうはつ」といった補助技を忍ばせる構築が多く見受けられますが、今回はコンセプトで統一する、という使えるポケモンが限られるルールだったために比較的成功しやすかったのではないでしょうか。その他にも特性いたずらごころを生かして「バトンタッチ」の補助をするエルフーンや、「ほろびのうた」や「みちづれ」で相手のポケモンを1体以上倒すことのできるゲンガーも採用されたバランスの良いパーティになっています。



以下決勝戦のまとめです。

nap君の先発はゲッコウガ、ホラノート君の先発はゲンガーでバトルが始まりました。

2018:12_03


ホラノート君のゲンガーがメガシンカし、「まもる」を選択します。
nap君はミズZを使いますが、守っているため上手く透かされてしまいます。

2018:12_04


2ターン目ゲッコウガが上から「ねっとう」を打ちます。
ここでメガゲンガーが「トリックルーム」を選択。イーブイのバトン展開を補助します。

2018:12_05


3ターン目になりメガゲンガーは「だいばくはつ」して自主退場。nap君は「みがわり」を選択します。

4ターン目、イーブイとゲッコウガが対面します。
ここでnap君はギルガルドに交代。ホラノート君はイーブイZを選択し、「バトンタッチ」の起点を作ります。

2018:12_06
2018:12_07


5ターン目、トリックルーム下で先に行動したギルガルドの「せいなるつるぎ」でイーブイを突破します。「せいなるつるぎ」は相手の能力変化に関わらずダメージを与えることが出来る技です。

6ターン目、ギルガルドとホラノート君のラスト1体エーフィ対面。ギルガルドのいのちのたま「シャドークロー」によってエーフィを突破します。

2018:12_08


よってnap君の勝利となりました。優勝はnap君です!

ネーミングセンスとメガリザードンXの色違いが黒色かどうかは諸説ありますが、優勝おめでとうございます!



<幹事賞>

今回は単に強さを競うだけではなく、面白い・機知に富んだパーティを定例会幹事の僕ひろしが独断と偏見のもと選んで、景品を授与するという企画も同時に行いました。
 
今回最も心をつかんだパーティは4年のトモタカ君が考えた、「120番道路統一」です!
 
  アブソル    マッスグマ

  アメモース   マリルリ

  カクレオン トロピウス
 
 
・このパーティは3世代の120番道路に出現するポケモンだけで組んだものです。発想の斬新さ、そしてオシャレさに心を打たれました。また、僕が初めて触れたポケモンのゲームがエメラルドだったことから、少年だったあの頃を思い出してノスタルジーを感じたことが要因です。一目でこれにすると決めました!

トモタカ君にはガルーラのぬいぐるみとつぶグミが進呈されました。



以下優秀賞です。(つぶグミを進呈)


「ポッ挙(サポート有り)」 2年 ホラノート君
ルカリオ / ゲンガー / イーブイ / エーフィ / ラティオス / エルフーン

・決勝にも進出したホラノート君のパーティです。定例会が開催されたのがスマブラの新作の発売直後であったため、スマブラ統一はある程度予想できましたが、ここに来てポッ拳です。愛を感じました。「拳」が「挙」なところも逆にポイントが高いです。



「アローラ(気さくなあいさつ)」 2年 ウーパ君 
キュウコン / サンドパン / ゴローニャ / ガラガラ / ナッシー / ペルシアン
(全てアローラのすがた)

・クスッときました。



他にも皆さん色んなパーティを用意して参加してくれました!
一部を紹介します!

「擬態」
メタモン / ウソッキー / カクレオン / マルマイン / モロバレル / ミミッキュ

「セントラルリーグ統一」
ギャラドス / オオスバメ / ホルード / スターミー / ラティオス / ライコウ

「†母性†」
ガルーラ / ママンボウ / ハハコモリ / ニドクイン / ラッキー / ガラガラ(アローラ)

「スマブラ統一」(2人)
リザードン / ルカリオ / ピカチュウ / ゲッコウガ / ガオガエン / プリン

「実況者の相棒統一」
アグノム / ボーマンダ / マッシブ―ン / ランターン / ナットレイ / シルヴァディ



<最後に>

定例会に参加してくださった皆さんありがとうございました。今回はコンセプト・構築を一から考えてもらい6体育成してもらうという骨の折れる企画だったのかもしれませんが、皆さんそれぞれが趣向を凝らして準備してくれたので、幹事としても非常に楽しいものとなりました。レート対戦では凡そ100体前後の限られたポケモンの中からパーティを組むという事がほとんどであるために代わり映えのしない光景に飽きてしまった人でも今回は新鮮な気持ちで参加して頂けたのではないでしょうか。

12月定例会の報告は以上で終わりです。
ここまで読んでくださりありがとうございました!


1年 ひろし
2019.02.27 16:00 | EDIT
アローラ!11月の定例会幹事1年のやまちゃんです。今回の定例会ではスタンダードレギュレーションのカード大会を行いました。ポケモンカードの定例会は初の試みであり、参加人数や運営方法などの不安もありましたが、問題なく進行できたかと思います。参加、協力して下さった方々、ありがとうございました。
 


~ルール~

ポケモンカードバトル スタンダードレギュレーション(SM1~SM8b)
1試合制限時間25分
時間切れした場合、現在行っている人のターンを0ターン目として、追加で3ターンを行います。決着がつかなかった場合はサイドの残り枚数が少ない選手の勝ちとなります。同じ場合は両者負けとなります。第1回カード定例会ということもあり、今回はシンプルな内容とさせていただきました。次回からは様々な特殊ルールで行えるよう考えていければと思います。

 

~予選~

参加者22名をA~Dの4つのグループに無作為に振り分け、それぞれのグループの上位2名を決勝トーナメント進出としました。
以下は各リーグにおける結果となります。(敬称略)


Aリーグ
 
キッド
じゅんぺい
レネズミ
シャチ
ぴこ
らじお
キッド
 
6-5
×
5-6
×
5-6
6-3
6-3
じゅんぺい
×
5-6
 
×
0-6
6-0
×
1-6
×
3-6
レネズミ
6-5
6-0
 
6-2
6-3
6-2
シャチ
6-5
×
0-6
×
2-6
 
×
2-6
6-2
ぴこ
×
3-6
6-1
×
3-6
6-2
 
6-4
らじお
×
3-6
6-3
×
2-6
×
2-6
×
4-6
 


Bリーグ
 
もたく
セリュー
オイラー
マーbow
ひろし
カタバミ
もたく
 
×
4-6
6-2
6-3
6-3
5-3
セリュー
6-4
 
×
2-6
×
2-6
6-3
6-3
オイラー
×
2-6
6-2
 
×
3-5
6-4
6-3
マーbow
×
3-6
6-2
5-3
 
×
0-6
5-3
ひろし
×
3-6
×
3-6
×
4-6
6-0
 
6-2
カタバミ
×
3-5
×
3-6
×
3-6
×
3-5
×
2-6
 


Cリーグ
 
いね
ぐり
アッキー
ひまり
ラクーナ
いね
 
6-0
6-0
6-0
6-4
ぐり
×
0-6
 
×
2-6
4-6
6-0
アッキー
×
0-6
6-2
 
×
3-6
6-5
ひまり
×
0-6
0-4
6-3
 
×
1-6
ラクーナ
×
4-6
×
0-6
×
5-6
6-1
 
 

Dリーグ
 
くずぽ
ウーパ
ぽけむら
やまちゃん
しあたん
くずぽ
 
6-4
6-2
×
4-6
6-0
ウーパ
×
4-6
 
×
5-6
2-0
1-0
ぽけむら
×
2-6
6-5
 
×
0-6
6-2
やまちゃん
6-4
×
0-2
6-0
 
×
0-6
しあたん
×
0-6
×
0-1
×
2-6
6-0
 
 


~決勝トーナメント~

 準決勝に進んだ4人は下の図の通りになっています。デッキ構築を見てみると、サーナイトキュウコンやルガルガンゾロアークマッシブ―ン、デスカーン、グランブル等それぞれのプレイヤーの得意とするデッキを使用しているように思われます。
決勝に勝ち進んだ2人はキッド君とレネズミ君となりました。


11月定例会 トーナメント

 

~決勝~

 決勝に見事勝ち進んだキッド君とレネズミ君のデッキ構築を紹介していこうと思います。

・キッド君:グランブルデッキ
11月定例会 キッド


・レネズミ君:サーナイトキュウコンデッキ
11月定例会 レネズミ 

・グランブルデッキからの視点
サーナイトキュウコンのデッキに対しては有利であると思われます。戒めの祠を置いてサーナイトGXやアローラキュウコンGX、カプ・テテフGXに毎ターンダメージを与え、グランブルの技「スッカラカン」によって一撃で気絶させる動きを狙っていきます。サイドはGXポケモンを3体倒し、2枚ずつ取るプランを立てることができます。サーナイトキュウコンデッキは場を安定させるために初ターンにカプ・テテフの特性「ワンダータッチ」でサポートカード「ウツギ博士のレクチャー」を使うことから始まることが多くなります。カプ・テテフは体力が170でありグランブルが一撃で倒しやすくサイドを取りやすくなるため、有利な相手と言えるでしょう。


・サーナイトキュウコンデッキからの視点
グランブルデッキに対しては不利であると言えるでしょう。サーナイトGXの技「インフィニットフォース」は基本フェアリーエネルギー1枚で撃つことの出来る技ですが、グランブルは体力130であり一撃で気絶させるには自分と相手のバトル場に合計5枚のエネルギーが必要となります。それに加え、どうぐ「ムキムキダンベル」が入っている構築もあり一撃で倒し続けることが難しく、サイドレースに勝てない傾向にあります。
勝つための必要な動きとしてはサーナイトGXでグランブルを倒し、返しのグランブルの攻撃で倒れなかったサーナイトGXをアセロラやまんたんのくすりなどの回復手段で回復することが挙げられます。サーナイトGXが一撃で気絶させられないよう、相手に張られた戒めの祠を3ターン以内にはがすことも重要となります。
また、グランブルデッキのサブポケモンにマグカルゴというポケモンがいます。マグカルゴは特性「じならし」でデッキの中の好きなカードを1枚デッキの一番上に持ってくることができ、グランブルの技の威力を高めるための必須ポケモンとなっています。これを防ぐためにアローラキュウコンGXの技「はくぎんのかぜ」を使います。この技はバトル場のポケモンに70ダメージ、ベンチのポケモンに30ダメージを与えることができます。これにより次のアローラキュウコンGXの攻撃で同じターンにマグカルゴを2体倒すことができ、この動きが勝つために必要となります。
 
決勝ではキッド君のグランブルデッキの貼った戒めの祠をレネズミ君のサーナイトキュウコンデッキが5ターン剥がすことができず、グランブルがGXポケモンを一撃で倒すことができるようになり、サイドレースをキッド君が制したためグランブルデッキを用いたキッド君の勝利となりました。よって本定例会の優勝者はキッド君です。おめでとうございます!


 
~終わりに~

 以上で11月の定例会の報告としたいと思います。ここまで読んでくださった皆様ありがとうございました。最後になりますが本定例会に参加して下さった皆様、ありがとうございました。
 
1年やまちゃん
2019.02.04 15:51 | EDIT
アローラ、9月定例会幹事1年のnapです!9月の定例会は台風で延期になる等いろいろ大変でしたが何とか無事終えることができました。また、今回は直近の定例会では最多となる29名の方々に参加していただきました。参加して下さった方々、ありがとうございました!


〜ルール〜

運営が33のQRパーティを用意し、当日の抽選により、使用するパーティを決めるというもので、対戦はシングルレート準拠の6→3のフラットルールで行いました。ちなみに、遅刻者には専用のQRパーティの中から抽選を行いました。以下、パーティ一覧です。


・パーティ一覧

2018:09_01


・遅刻者用パーティ一覧

2018:09_02



〜予選〜

29人をA~Dの4つのグループに分け(Dのみ8人)、各グループで総当たりのリーグ戦を行い、各グループの上位2人が決勝トーナメントに進出しました。勝利数が重なった場合は、残りのポケモンの数→直接対決の順で判定を行い、それでも勝敗が決まらない場合はじゃんけんで勝敗を決めました。以下、各グループを勝ち抜いた8人です。


・グループA

1位 シュナイド君 (2年)
無難に強い対面構築

2018:09_04


2位 ウーパ君 (2年)
ポリクチ

2018:09_08



・グループB

1位 ラクーナ君 (2年)
某国民的アニメ主人公パーティ

2018:09_07


2位 おしお君 (1年)
某実況者リスペクトパーティ

2018:09_06



・グループC

1位 ひろし君 (1年)
受けループ

2018:09_09


2位 エテレーヌ君 (2年)
某実況者考案のマニュバレル

2018:09_05



・グループD

1位 nap君 (1年)
某実況者リスペクトパーティ

2018:09_10


2位 セリュー君 (4年)
害悪パーティ

2018:09_11



〜決勝トーナメント〜

2018:09_03


なんと準決勝に進出した4人の内3人が1年生となりました! パーティを見てもレート2000以上を達成したり、某実況者をリスペクトしたものとなっており、運と実力が兼ね備えられた4人となりました。そのうち、見事決勝に進出した2人はウーパ君とひろし君になりました。



~パーティ紹介~


・ウーパ君

2018:09_12


・ひろし君

 2018:09_13



~決勝戦~

2018:09_25

対戦が始まりました!



2018:09_142018:09_15

初手はウーパ君がヒートロトム、ひろし君がグライオンです。



ヒートロトムがめざめるパワー氷を使い、グライオンに大ダメージを与えますが、返しにハサミギロチンを当てられます。

2018:09_16



ウーパ君の2体目は霊獣ランドロス。
グライオンがまもるで体力回復を図る間につるぎのまいを積んで攻撃を上げます。

2018:09_172018:09_18



これを見てひろし君はすかさずカプ・ブルルに交代します。
交代際に与えられたダメージを、まもるを絡めてグラスフィールドで回復しようとしましたが、

2018:09_192018:09_20

ヒコウZでまもるを貫通され倒されてしまいます。



ひろし君の3体目はドヒドイデ。
しかし、攻撃力が上がったランドロスに為すすべなく倒されてしまいます。

2018:09_21



ひろし君は最後にグライオンを出します。
ランドロスのがんせきふうじを受けますが、返しにハサミギロチンを当て、ランドロスを倒します。

2018:09_22



ウーパ君の3体目はクチート。

2018:09_23



ランドロスが前のターン、がんせきふうじでグライオンの素早さを下げていたことにより、

2018:09_24

クチートが先にれいとうパンチでグライオンを倒しました。


よって、9月定例会の優勝はウーパ君です!
おめでとうございます!!



~終わりに~

まず、今回の定例会に参加してくださった皆様、ありがとうございました。今回の準備にさしあたってQRパーティを選ぶ際、レートであまり使われないポケモンをできるだけ選んだつもりです。その結果、多くの人は普段あまり使わないポケモンで戦うことになり、いつもとは違った対戦になったのではないでしょうか。反省としては、強者が強いパーティを引いてしまい、決勝トーナメントには結局いつもの定例会と変わらない人が勝ち上がってしまったことです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

1年 nap
 | HOME | 

☆「わせポケ」ブログ

ポケモンだいすきクラブ早稲田支部の公式ブログです。
ホームページ:
http://pokemonwaseda.web.fc2.com/
ツイッター:@wasepoke

☆検索フォーム